スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オラクル」の設定考察:その1

何もかんも、公式がちゃんと設定作ってくれないから悪いんです。
そうでなきゃこんなもの作ったりしません。
できるだけ公表されてる物を元に設定構築してますが、あくまで「個人の妄想です」ので。
また、公式で新たに設定出てきたらそこはその都度修正していきます。
「これ公式でこうなってるよ」という部分あったらお教え下さいまし。

7/3 16:00ちょっと加筆修正。
 
 
 
オラクルの基本組織構造

オラクル組織図


▼オラクル行政府
行政長官(あくまで表向きで、実際はシオン→シャオ)を中心に、オラクルで行われる活動全てを統括。
実際の国政と同じ。政治、経済、内部治安を主に担当する。
シップ単位で市長、市議会議員が選ばれ、その中から更にオラクル行政議会議員が選定される。
(シップを現在の「都道府県」と考えると分かりやすい)
治安(警察)に関しては、アークスより強い権限を持つ(アークスという立場を悪用する犯罪を防ぐ為)。
警察組織からアークスに、アークスから警察に、という者も少なくない。
Ep2以前はシオンが表に出ない事を利用し、ルーサー(虚空機関)が行政府を掌握していた。
現在は「シャオ」という最上位の存在が公表されている。(ウルクは秘書扱い?)
六芒均衡はここの「上層部」に所属。有事には指揮を取る。


▼研究部
実際の政府直属の研究機関と同等。(JAXAとかJAMSTECとかNAROとか)
医療部門、生産部門など沢山の部門があり、表向きには広く公開されている。
アークス的にはフォトン部門、ダーカー部門、兵器開発部門など。
研究部の管理機関(上層部)が虚空機関に長い間牛耳られ、非人道的な研究が繰り返されてきた事が明らかになった。


▼アークス
「Artificial Relict to Keep Species」=ARKS
対ダーカー調査殲滅組織。「惑星探査」もアークスが行う。
管理機関より任務を受け探査惑星に降下して調査、ダーカーの討伐を行う。
通常任務は単独行動可能だが、公式任務の最小単位は4名。大きな任務になると12名単位で行動。
さらに大小様々な「チーム」が存在する。
一般的には「オラクルを守る危険だが凄い仕事」として位置づけられている。
通常は一般市民からフォトン特性を持っている者のみがアークス訓練校を経てアークスに登用される。


→アークス管理機関(上層部)
行政府直属。アークスシップ自体の運行を指揮する「総督」を中心に、シップの防衛、管理、アークスの任務選定を行う。
非常事態(シップ自体が襲撃された等)には市長より総督の権限が上になり、避難指示等は総督が行う。


→アークス訓練校
アークスになる為の必要な知識、技術、体術を会得する為の場所。
「初等科」「中等科」「高等科」を経て「研修科」に所属し最終試験を通った者のみがアークスになれる。
能力最優先の為、飛び級可能。一般の中高等学校からの編入も可能。入学資格は12才(設定変更可)から。
逆に、フォトンを扱う能力が一切無いと判断された場合は入学すら出来ない。
アークスそのものの人数が10年前の戦争で激減した為、今は能力のある者は多少の性格や素行の問題などは無視され登用されている節がある。
例外として「行政府」「研究部」「六芒均衡」の推薦があった時に限り特例措置として即登用される場合がある。
それを悪用してアークスになった者も居るという噂も。
また一度アークスから身を引いた者も再試験を受ければアークスとして復帰可能。
これとは別に、管理機関に入るための「士官学校」も存在する。(キャリア組)




▼アークスシップ
全長70kmの巨大な船がマザーシップを中心に多数存在、船団を構成。(わかっているだけで128番艦まである)
メインシップは10隻(サーバー批准)。
一隻あたりの収容人数はおおよそ100万人。フォトンジェネレータを動力源として航行している。

アークスシップ公式イラスト
(イラストは公式ブログより。これ見る限り、左右の構造物がフォトンジェネレーターの役割?)

アークスシップ内はおおまかに
「市街地エリア(各種生産工場も含)」
「アークスエリア(市街地ドーム前方の区画、ゲーム内で通常行き来出来る場所)」
「行政府エリア(シップ上層)」
「研究エリア」
「機関構造部(メンテナンス員のみ出入り可能)」
に分けられている。
各艦のマザーフレームはマザーシップと連動、常に情報がやりとりされている(筈)。

シップ間の移動
アークス上層部、行政上位議員、またはそれ以上の地位であれば瞬時に転送出来るテレパイプを使用できるが、
一般アークスや市民などは通常のシップ間を移動する定期便、物資輸送機などでしか移動できない(ゲーム内で簡単にシップ移動出来ない理由付け)。
また、アークスエリアには許可を得ない限り一般市民が入る事は不可能。入る場合も厳重なチェックを受ける。





以下細かい部分の考察。


▼アークスの戦闘用スーツ
戦略OSというシステムが組み込まれておりフォトンで防御力が上がる。
スーツによってはフォトンとの感応力を重視した露出の多いものもある。
また、宇宙空間で活動できる事から周囲に(フォトンをシールド代わりなどにして)空気の層を生み出す事が可能。
さらに、無重力状態でも足場さえあれば普通に歩いたり走ったりする事が出来る事から、慣性制御も行われている。
(OPムービーで、途中で実体化するにもかかわらず無傷で着地、また巨大な武器を背負い、振り回すのも慣性制御が無ければ無理)
戦略OSはアークス個人のデータ収集も兼ねており、研究部へそのデータは集約されている。


▼アークスの武器
汎用武器は研究部の兵器部門で開発され、管理機関の許可を経て量産され各シップへ供給される。
民間企業で開発された物もあり、同じように供給される。
いわゆるレア武器と呼ばれるものは、刀匠と呼ばれる人達によって生み出された物。
もしくはアークスによって収集された物体を刀匠と呼ばれる人達が武器へ「加工」した物。
中には「創世器」を模したものもあるらしい。
民間企業で開発されたものの、製造コストが高く量産出来なかったハイスペックモデルもこちらに属する。
ユニットも同じ扱い。レアユニットと呼ばれる物は、殆どが「エネミーから収集された物」を加工、もしくは模倣している。
A.I.S.の開発は研究部総出の巨大プロジェクトだったらしい。

アークスシップ内では基本、武器やテクニックの行使は禁止され、実際に使うことは出来ない。
ただし緊急時や護身用として申請すれば、アークスに限り一部の武器は市街地などでも携帯可能。(バイオ・ライブシリーズ)。


▼アークスの勤務形態
基本勤務時間は週6日、9:00~18:00(設定変更可)。勿論任務によって変化あり。
シップによって時間が違う(現実に国によって時間が違うのと同じ)為、オラクル自体の警備体制は24時間。
ただし緊急時は全シップ全アークスが稼動状態になる。

シップ毎の時間はアークスタイム、オラクル全体の標準時はオラクルタイム。
市街地を覆うドームは「窓」ではなく巨大なホログラムスクリーンだと思われ、
アークスタイムで「夜」の時間帯になるとスクリーン投影が止められ、本来の宇宙空間が見られる。
非常時には防護シャッターが降り、外宇宙から完全に遮断される。(緊急発生時の赤いエマージェンシー表示から)


▼アークスの給与
基本給の他、アークス専用の危険手当が支給される。
その上、アークス管理機関からの正式任務を達成した場合収入が上乗せされる。
さらに一般市民や他のアークスからの「個人的依頼」による収入もある。
ただし当然生命保険は無し、傷害保険はあるがかなりの高額。



▼アークスの衣食住、生活
アークスは正式登用された時点で個室が与えられ、居住空間は確保される。
部屋の窓から見える景色は高解像度ホログラム(引っ越しとあるが部屋内の配置が一切変わらない、一瞬で移動する為)なので自由に変えられる。
食事も各部屋で自由に摂ることが出来る。支給される弁当やレーションもあるが、自室で食事を作る事も可能。
殆どは独身だがアークス同士で結婚している者、またその実子(アークスであれば兄弟家族)は同居が認められる。
アークス同士であれば、申請すれば友人同士でルームシェアも出来る。
ただし、アークスはその職業柄「結婚及び出産育児」は非推奨である為、その為の施設は無い。
更に子供は12才から20才になるまでにアークスとして活動するか否かを決定しなければならない。
アークスにならないと決めた者、また素質が無いと判断された場合は20才で一般の市街地への移住を余儀なくされ(居住空間は確保される)、以後一般市民と同じ扱いになる。
故に「結婚を決めた」「子供が出来た」「子供が20才になる」などの理由で引退するアークスも少なからず居る。

衣類は戦闘用スーツ以外は支給されない。(故に休日には市街地に買い物に出かける女性アークスが多く見られる)
洗濯、掃除は自分でも出来るが、大抵のアークスは備え付けのクリーニングシステムを利用する。
またアークスロビーには食堂もある。(食材や調理器具に怪しい物を使っているという噂もある)。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://grturbo.blog7.fc2.com/tb.php/133-64be1ea6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。